ベビーカーを選ぶ基準! AB型からB型バギーデビュー!

乳幼児の育児

5年ぶりの赤ちゃんの子育てでベビーカーを買い替え!念願のB型ベビーカーをGETした体験談。

我が家がベビーカーを選んだ基準をもとに使用感をお伝えします。

体験談 念願5年越しAB型ベビーカーからB型バギーへの買い替え

我が家のAB型ベビーカーを選択した理由

第一子出産時、車での移動がメインだけど、電車移動もある。背が低めの私でも片手で開閉ができること、玄関が狭かったため畳んで自立するタイプが希望。とはいえ、出産前に抱っこ紐を購入済みで、もしかしたらべビーカーはなしでもいけるかな?っと候補だけを選択しておいて、出産を迎えました。

いざ子育てを始めてみて、特に1ヶ月の頃は抱っこ紐での外出は不安というのもあり、ベビーカーが欲しくなる。先輩ママに貸してもらい頑丈なA型ベビーカーを体験すると、安定感があり走行性はすごくよいが、私には大きすぎて操作しにくく開閉が難儀だった。貸してもらって体験した結果を踏まえて、以下の点を重視して選んだ。

  • 自立すること
  • 抱っこ紐で抱っこしながらでも片手で開閉できること
  • 片手で車に乗せられること(数分なら持ち上げられる重さや高さ)
  • 自動改札が通れる55センチ以下
  • 両対面式

結果、少しコンパクト感があり開閉しやすい国内メーカーの両対面式のAB型のベビーカーで落ち着いた。

年子育児とベビーカー

我が家は第一子と第二子が年子なので、上の子はベビーカーで下のことは抱っこが定番だった。両対面式は、対面式から背面押しに切り替えができ、非常に赤ちゃんとの関係性においては便利だが、切り替えられるタイヤが有り難い反面扱いが難しく操作性能が劣るという欠点がある。重い上の子を乗せて操作するには少々難ありだったが、「ほぼ赤ちゃんが二人」なので遠出の頻度は高くなく、下の子はベビーカー嫌いもありベビーカーの出番も限られていた。B型ベビーカーに憧れをもちつつも、車での移動が多いこともあり下の子が2歳になる頃にはベビーカーを使うことすらほぼなくなり、買い替えには至らなかった。

5歳差の育児のベビーカー

5年ぶりに出産。手持ちのAB型のベビーカーを使用開始。上の子たちがベビーカーを押してくれようとするが操作性が悪く車道のほうへ傾いていってしまい危険なこと。公園や芝生スペースなど舗装されていないところを通るケースも多くより一層操作性の高く、身軽なB型ベビーカーの購入へと念願の踏み切った!

セカンドベビーカーとしてなので、以下の点を重視して選んだ。

  • 軽いこと
  • 操作性・走行性がよいこと
  • 荷物が載せられること
  • リクライニングがあればいい

軽量だけもタフな海外製バギーを選び、概ね満足感のある買い替えです!軽くて操作性がいいので、とても快適!!子どもが押しても安定感抜群で押しやすい。

予想外だったのが、サンシェードが予想以上に小さく1歳未満の小さい体では全く日よけとしては機能せず、全身が直射日光にさらされています。

あまりにも不憫なので、後から取り付けられるものを追加購入!!これでとりあえずは暑い夏の紫外線から子どもを守ることができそうです。

腰が座ればB型でも問題はないけど、使うシチュエーションや頻度などにより機種の見極めはやはり必要。

我が家は上の子の都合での外出が多そうなので、今回のB型はセカンドベビーカーという位置づけでAB型とB型を行先や用途で使いわけることになりそう。

体験談 AB型とB型 買い替えで感じた使用感の違い

あくまでも個人的な使い勝手の話です。今回B型ベビーカーは手持ちのAB型のものとはメーカーもタイプも全く違うベビーカーを選んだので単純比較というわけではなく、選ぶときに考えていた基準と実際の使用感の差異を中心にまとめてみます。

重さ

重さでいうと単純にB型が4㌔弱なので倍くらい違います。せっかくのB型なので頑丈さを加味しつつも軽さにこだわりました。

正直、押す上での違いはそこまで感じない。車への出し入れの際は確かに楽という程度です。抱っこして持ち運ぶのは全く違います。

操作性

操作性でいれば、B型が圧勝。タイヤの構造の問題です。

AB型のほうが両対面式タイプで前方のタイヤは360度回転するが、対面押しに切り替えると逆のほうのタイヤが360度回転に切り替わる。前方タイヤはロックがかかり回らなくなるという高度なタイヤを搭載して、このベビーカーの売りだった。しかし、この切り替えやロックが使っているうちに、うまくいかないケースが増える。段差や公園の凸凹などの衝撃で誤作動したりする。たちまち操作性最悪になる。

当たり前と言えばそうなのだけど、切り替えを前提としない使い方なら、単純な構造のB型に軍配があがる。

タイヤの大きさは大きな違いがなかった。A型のベビーカーでは大きなタイヤで走行性や安定感を重視したタイプもあるが、我が家はコンパクト感を優先させ選ばなかった。

我が家のAB型の操作性も「赤ちゃんと乗せて大人が押す」だけなら、全く不自由がないレベル。ただ、子どもが押す。とか、赤ちゃん+荷物もたっぷり載せるとかなら、ちょっと操作しにくい。というレベルでしたので、両対面式を選択するなら完全に許容範囲のレベルです。

荷物を載せる

B型タイプはコンパクトなものが多く、ハイシートではなく、子どもが座れる高さにシートが設定されていることも多いため、シート下の収納部は小さいものが多い。

ハンドルの形状で荷物をかけやすいものを選んでみました。小柄な私の場合は、ベビーカーを片手で操ることがそもそも難しく、「片手でも押しやすい」形状に魅力を感じなった。AB型を選んだ時は片手で押せることに魅力を感じたが、結果的に私には無理だったということ。

バギータイプのハンドルの方が断然荷物をかけたり取り出したりしやすいです!!これはよかった。

AB型ベビーカーで出かけた先の公園などでは、ベビーカーを使っていないときは座面にがっつりと大きな荷物を置いていた。B型の場合は座面が小さいので座面に荷物を置きにくいのが盲点だったデメリット。

リクライニング

まだ一歳未満で身体も不安定で柔らかく朝寝もあるため、少しでも身体を深く包み込んでくれるリクライニングはあってとてもよかったです。

子どもがある程度の月齢だったり、短時間の利用がメインならいらない機能ではあります。

自立

今回のB型ベビーカーは自立しないものですが、玄関でも車の中でも立てておきいたいという希望がなくなったので今のところ全く問題なし。自立することはベターだけど、今の我が家には自立しなくても問題ではないかな。

まとめ

ライフスタイルや子どもの月齢によって、選ぶベビーカーは変わってきます。上の子が小さかった頃はこんなに頻繁に公園やレジャー施設といえども「舗装されていない道」の上を移動することが想像できていませんでした。少しでも快適に楽しい時間が増えるように、道具選びは重要ですね!

また、道具選びでたのしい時間が増えることはステキなこと!!

タイトルとURLをコピーしました